エスケイケイについて

代表取締役社長 麓 聡一郎

あいさつ

「野に咲く草木」に合わせて、「サボテン」と「花菖蒲」にも同じ量の水を与えてしまうと、サボテンは水が多すぎ、花菖蒲は水が足りずに花を咲かせることができません。人も同じです。その人にあった対応や活躍の場が与えられれば、その人なりの持ち味が花咲きます。エスケイケイは、人それぞれの持ち味を100%発揮して頂くために、最先端のノウハウを研究し、その成果を各種アセスメントツールや講演会、研修、コンサルティングに活かしています。

50年以上 変わることのない想い

 どんなに高学歴で、お金にゆとりがあり、高い地位についていても、心が貧しければ楽しい生活は送れません。人それぞれが、それぞれに、心豊かに暮らせる社会。「より豊かな心を」、私たちの変わらぬ想いです。どんなに文明が発達し、機械やシステムが進化しても、最後は「人間力」がモノをいいます。「人間力」を見るSKK式適性検査は、ヒトの目で判断し、解析しています。一見、時代に反するように思えるかもしれませんが、解析に関する技術、責任感、向上心、自戒など、スペシャリストとしての資質が長年にわたって受け継がれています。

50年以上 変わり続けてきたこと

 多くの学説を基盤としつつ、膨大な臨床データの蓄積がエスケイケイの財産です。しかし、それらの古いモノに縛られすぎると、本モノを見失ってしまいます。だからといって、古いモノを否定し、新しいモノばかりを取り入れようとすると、大切なモノを失います。「良いモノは、良い。変えるべきモノは、真摯に受け止め変える。」安いプライドを捨てて、常に好奇心をもって、幅広い情報を集めようとする進取の精神で、エスケイケイの技術は日々進化しています。

 これからも、ずっと変わらぬ想いと姿勢を貫き、そして、日々変わってゆく エスケイケイにご期待下さい。

エスケイケイのあゆみ

  • ・・・検査開発等
  • ・・・解析法 進化の詳細
1959
麓 暢が名古屋を拠点にデータ収集・分析をはじめる

麓 暢(ふもと とおる)

麓 暢(ふもと とおる) 1930~1996

精神科学研究所(現:株式会社エスケイケイ)創立者。
人の心の科学的理解に努め、独自の解析手法を確立した。

1968
株式会社精神科学研究所 設立
麓 暢が愛知県中小企業診断員となる
精科研式クレペリン検査開発
作業検査法を継承するとともに、膨大な臨床データの積み重ねと独自の解析方法により精科研式クレペリン検査を確立。持ち味16類型を確立する。
1979
麓 暢が愛知県中小企業合理化促進協力者として表彰を受ける
1981
精科研式クレペリン検査をさらに発展させた「V-CAT」を開発
V-CAT開発
精科研式クレペリン検査をさらに発展させた「V-CAT」を開発
1983
麓 暢著「人と組織の測定診断」発刊
1985
注意集中・配分力・検索力測定 F-RAT開発
1987
麓 暢が個人の心的特性を測定し、企業の採用、配置、昇進・昇格などに応用する「V-CAT」の開発により、「第5回 経営技術開発賞」受賞
基礎的適応力診断テスト BAT開発
1989
学校用アウトプットのメンタルヘルス(精神健康度)の符号体系を旧符号から新符号に移行することにより、32分類に細分化を図る
1990
蓄積した豊富な臨床データの解析をもとに、120項目の職務・能力適性を評価するオプション解析を付加
1991
麓 暢が人材開発協会理事に就任
株式会社日本能率協会マネジメントセンターとV-CATの販売提携を結ぶ
1993
麓 暢著「麓暢の人間診断」発刊
基礎能力標準テスト FACT開発
1994
「適性測定」開発
高校生・専門学校生・大学生のキャリア教育を支援するツールを発売
1996
麓 聡一郎 株式会社エスケイケイ 代表取締役就任
人材開発協会理事就任
「SKK式適性検査 社会人(V-CAT)」「採用」のメンタルヘルスの符号体系を55分類に細分化
1999
学校用アウトプットのメンタルヘルスの符号体系を91分類に細分化
2002
株式会社エスケイケイに社名変更
「SKK式適性検査 社会人(V-CAT)」「社員特性」「管理能力」「メンタルヘルス診断」の符号体系を細分化
2003
麓 聡一郎 「NPOメンタルヘルス研究会(現:NPO法人メンタルぷらす協会 Reforest)」理事に就任
2007
エスケイケイの個人情報保護マネジメントシステムがJISQ15001に準拠し、プライバシーマークの付与認定事業者となる
2009
創業50周年
SKK式多面的人財把握検査 S-TAT開発
3つの検査を組み合わせることによって、受検者の実態を多面的につかむことを可能にしたS-TATを開発
2012
麓 聡一郎著「幕末偉人に学ぶ 職場のストレス対処術」発刊
2013
人づきあいのアンケート SERAPLUS開発
中高生の内面を3つの視点から理解することによって、人づきあいに絡む不適応の傾向を早期につかむ検査、SERAPLUSを開発
2014
ホームページ 全面リニューアル

会社概要

商号 株式会社 エスケイケイ
創業 1959年8月 設立 1968年2月
資本金 1,000万円 代表者 代表取締役社長 麓 聡一郎
所在地 愛知県名古屋市中区錦1丁目4番25号
伏見ITビル 7F
TEL : 052-202-5000
事業内容
  • 適性検査の測定・解析
  • 適性検査の開発
  • 適性検査の販売
  • 適性検査に基づくコンサルティング
  • 講演・研修・セミナーの企画運営

詳細はこちら

主要品目
  • SKK式適性検査
  • V-CAT
  • 基礎能力標準テスト FACT
  • SKK式多面的人財把握検査 S-TAT
  • 人づきあいのアンケート SERAPLUS
取引銀行
  • 愛知銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

交通アクセス

所要時間 地下鉄鶴舞線 丸の内駅より徒歩5分
地下鉄東山線 伏見駅より徒歩5分